zirconium メンバー写真
95年にハセガワシュンスケを中心に前身となるStrobeSunを結成。難波ベアーズなどで活発にライブ活動をおこなう。StrobeSun名義では4トラックのMTRで録音した「Very Open Eyes Cassette」など数種類のカセットテープ音源をリリース。翌96年にヨシダが脱退後、新しいドラマーを迎えてバンド名をzirconiumに変更。97年に現メンバーで録音した最初の音源となる「Nondirection Cassette」を発表。国内外からライブやコンピレーションアルバムへの参加オファーが増加し活発に活動する。98年に参加したUK PROJECTのコンピレーション「SEARCH FOR MISSING PERSON」に収録された「最後の予感」から歌詞を日本語に変更。その後、2000年にZK RECORDSからシングル「ここでしかいれない」翌年には同名アルバムをリリース。2005年頃まで関西にとどまらず全国で活発にライブ活動をおこなった。活動休止期間を経て、2011年には10年振りの単独音源「kill my memory EP」、2012年には「yumewayume EP」、2013年12月末には「namaedeyonde ep」をリリース。東京・名古屋・京都・大阪など各地でライブ活動も開始する。内省的な歌詞世界と静動の起伏が織り成すギターオルタナティブは健在で、ハセガワシュンスケ(Vo/G)、フルカワノリヒト(Ba)、イシダケンスケ(Dr)の3人で今後もマイペースに活動する予定。

**Photo by Tokuharu Yamada / STUDIO 500G.